V 消費者ニーズに対応した農林水産物生産・流通・加工システムの構築 2 食の安全・安心の確保と機能性を付与する技術の開発 (36) 「ちばエコ農業」推進実証試験 1 「ちばエコ農業」栽培基準適応性試験、 (10)イチジク栽培実証試験

V 消費者ニーズに対応した農林水産物生産・流通・加工システムの構築 2 食の安全・安心の確保と機能性を付与する技術の開発 (36) 「ちばエコ農業」推進実証試験 1 「ちばエコ農業」栽培基準適応性試験、 (10)イチジク栽培実証試験

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完(H21)
年度2009
概要 イチジク栽培において、「ちばエコ農産物」栽培基準に従い、病害虫の発生消長及び生育・収量への影響を調査した。基肥は有機質肥料を主とし、化学肥料を速効性が要求される追肥に使用することにより削減した。病害虫の発生は例年より少なく、化学合成農薬の使用成分回数は5回となった。また、収量は例年のちばエコ栽培圃場の収量と同等であった。よって、ちばエコ栽培基準を達成できた。
研究分担果樹
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156693
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat