V 消費者ニーズに対応した農林水産物生産・流通・加工システムの構築 3 農林水産物の流通加工管理および品質・衛生管理技術の開発 (37) 農産物の高品質流通加工管理技術の開発 1 農産物の品質評価技術の開発、 (2)葉タマネギの鮮度保持技術の確立

V 消費者ニーズに対応した農林水産物生産・流通・加工システムの構築 3 農林水産物の流通加工管理および品質・衛生管理技術の開発 (37) 農産物の高品質流通加工管理技術の開発 1 農産物の品質評価技術の開発、 (2)葉タマネギの鮮度保持技術の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新(H21)〜(H23)
年度2009
概要 流通特性として、葉タマネギの10℃及び20℃における呼吸量の把握、及び包装形態の変更に伴う鮮度保持改善効果の比較のため、保存条件の違いにおける、糖、アスコルビン酸、葉色の推移について調査した。
研究分担流通経営
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156695
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat