酪農経営安定に向けた牛群検定情報の高度利用 

酪農経営安定に向けた牛群検定情報の高度利用 

県名千葉県
研究機関名千葉県畜産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完継H19〜H21
年度2009
概要牛群検定実施農家の乳成分、繁殖成績、経済性等の項目を指標として、生産技術水準を乳量階層別に調査・分析し、牛群検定の有効性について検討した。、乳脂率は乳量の高い階層は低い階層に比べ低く、乳蛋白質率は乳量階層間の差は小さい。無脂固形分率は乳量の高い階層で高くなる傾向がある。さらに乳量の高い階層では分娩間隔、空胎日数は短く、飼料効果、搾乳牛率は高いことより、乳量の高い階層ほど生産技術水準は高いことがうかがわれた。、また、牛群検定指導員が検定実施農家で指導するときに利用できる「乳質改善チェックリスト」、「繁殖改善チェックリスト」を作成し、解説を行った。、
研究分担嶺岡乳牛研究所
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156762
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat