変温および光質処理による花壇苗の草姿改善技術開発

変温および光質処理による花壇苗の草姿改善技術開発

県名東京都
研究機関名財団法人東京都農林水産振興財団東京都農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜21
年度2009
概要花壇苗のうち,育苗・生育期間が高温期にあたる品目は徒長しやすい。日没時(End of Day,EOD)の昇温処理(EOD-heating,以下EOD処理)により花壇苗の草姿改善が可能か検討する。、(1)マリーゴールド「デュランゴ オレンジ」,ケイトウ「キャッスル ピンク」,ヒマワリ「小夏」「グッドスマイル」,パンジー「よく咲くスミレ パイナップル」,ビオラ「ペニー デニムジャンプアップ」をセルトレイで育苗し,10.5cmポリポットで鉢上げ後,鉢上げから開花までの期間,日没時に温度を8℃昇温させ,3時間後温度を元に戻す処理を行い,開花時に生育調査を行った。(2)マリーゴールド,ヒマワリではEOD処理区では無処理区と比べ,草丈,株張がわい化した。開花日は差が見られなかった。(2)ケイトウではEOD処理区では草丈,株張りに差が見られなかったが,開花日が早まった。(3)パンジー,ビオラではEOD処理区では草丈,株張がわい化し,開花日も早まった。、
研究分担園芸技術科
予算区分都単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156868
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat