乳質向上技術開発

乳質向上技術開発

県名東京都
研究機関名財団法人東京都農林水産振興財団東京都農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜、21
年度2009
概要抗ガン作用が知られている牛乳中の機能性物質・共役リノール酸(CLA)量を,乳生産に影響を与えずに増加する飼養技術を開発する。大豆を用いたSB区,パーム油由来脂肪酸カルシウムを用いたPF区,大豆油および菜種油由来脂肪酸カルシウムを用いたSF区よりなる飼料を設計し,ラテン方格法により泌乳牛を割り当て,各区飼料を給与した。その結果,乾物摂取量についてはSB区がPF区に比較して多くなったが(P < 0.05),乳量および乳成分については試験区間に差を認めなかった。飼料中でんぷん含量の影響を受けたことにより,血中尿素窒素についてはSB区が他区に比較して高いが(P < 0.05),その他の血液成分については差を認めず,また正常値の範囲であった。乳中CLA(c9t11-CLA)含量については,SP区が他区に比較して高くなった(P < 0.05)。以上のことから,SF区のような飼料を給与することで,乳生産に影響を与えることなくCLA生産量を高められることが明らかになった。、
研究分担畜産技術科
予算区分都単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156885
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat