屋上緑化の景観向上にむけたグランドカバー植物の植栽特性と環境緩和効果に関する研究

屋上緑化の景観向上にむけたグランドカバー植物の植栽特性と環境緩和効果に関する研究

県名東京都
研究機関名財団法人東京都農林水産振興財団東京都農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H19〜21
年度2009
概要グランドカバー植物(以下,GCP)の色彩解析と屋上緑化の景観評価には,これまでの成果より,遠目からの測色手法を用いることが有効であることがわかった。また,農総研において計測されたGCPの色彩バリエーションは,それほど多くないことも判明した。今回は,東京において生産されているGCPを,生産現場において遠目での色彩計測を行い,その傾向を明らかにした。調査できた植物種は,3ヵ所の合計で41品種であった。見た目には多彩であったが,測色された色彩は限られた範囲に分布し,色相も10R(赤)と10YR(橙)から10GY(黄緑)の限られた範囲であった。また,最も出現頻度が多かったのは5GY(黄緑)であった。以上より,東京において生産されているグランドカバー植物の色彩は,見た目より,その分布範囲が限られていることが判明した。、
研究分担緑化森林科
予算区分都単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156895
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat