8.収益性の高い省力園芸生産システムの開発、(1)効率的な農業機械、システム等の利用技術の開発

8.収益性の高い省力園芸生産システムの開発、(1)効率的な農業機械、システム等の利用技術の開発

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜22
年度2009
概要目的:本県園芸作目における生産性向上のため、農業機械、システム等の改良開発を行うとともに、作業の省力・快適化を図る。、計画:(1)農業機械等の改良による省力化技術の開発、(2)養液栽培による低コスト安定生産技術の開発、(3)省力的な栽培方法の開発及び評価、期待される成果:収益性が高く、省力的で効率的な作業ができる園芸生産システムの開発。園芸作目の生産安定と農作業の省力・軽労化が図られる。
研究分担経営情報研究部
予算区分都道府県単
業績(1)バラの夏期培地冷却が収量および切り花品質に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156982
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat