8.収益性の高い省力園芸生産システムの開発、(2)低段多段組み合わせ栽培によるトマト安定多収栽培体系の開発

8.収益性の高い省力園芸生産システムの開発、(2)低段多段組み合わせ栽培によるトマト安定多収栽培体系の開発

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜21
年度2009
概要目的:冬春期に多収となる従来の多段栽培と組み合わせることにより、季節による収量変動を最小限にすることのできる実用的なトマトの周年安定多収栽培体系の確立する。、計画:(1)低段多段最適組合せ最適化モデル体系の実証、成果:低段栽培と多段栽培を効率的に切り換えることのできる培地システムによって最適化周年栽培体系を構築した。
研究分担野菜作物研究部、経営情報研究部
予算区分受託(民間)
業績(1)トマトの低段多段組合せ栽培体系モデルの実証
(2)トマトの低段多段組合せ栽培体系モデルの構築
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030156983
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat