22.土壌の総合管理技術の研究開発、(2)肥料価格高騰に対応した適正施肥技術の開発

22.土壌の総合管理技術の研究開発、(2)肥料価格高騰に対応した適正施肥技術の開発

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜25
年度2009
概要目的:低コスト資材の利用や植物の施肥反応に応じた適正施肥により、施肥コストを節減する。定期的に土壌環境のモニタリング調査を行い、土壌養分の変化等を把握する。土壌養分を考慮した適正施肥により、施肥コストを節減する。土壌診断データを解析し、施肥適正化のための情報提供を行う。各種生理障害の原因を究明し、対策を立てる。土壌診断事業の円滑な運営を図るため、高度な分析機器・技術を要する土壌等成分の分析及び技術的な協力を行う。、計画:(1) 施肥コスト節減対策技術の確立、(2) 適正施肥のための土壌環境モニタリング調査、(3) 地力保全対策等診断調査、期待される成果:適正な施肥により施肥コストが削減される。県内農耕地の理化学性と管理実態を把握し、適切な土壌保全対策を図る。綿密な土壌診断及び栄養診断が可能となり、的確な処方箋の作成が可能となる。
研究分担農業環境研究部
予算区分都道府県単、受託(独立行政法人、民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157022
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat