マーケティング調査手法を用いた県内消費者の畜産物ニーズ把握に関する研究

マーケティング調査手法を用いた県内消費者の畜産物ニーズ把握に関する研究

県名神奈川県
研究機関名神奈川県畜産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H22〜H24
年度2009
概要背景:消費者のニーズは、価格だけでなく、鮮度、味、安全性さらには家畜の飼養環境、給与飼料など多岐にわたり、社会情勢によって関心の中心は変化している。マーケティング調査手法を用いて、畜産物の購買行動に関する情報収集、解析することにより、消費者の潜在ニーズを把握し、研究・生産現場へニーズ情報をフィードバックすることによりニーズに沿った生産技術向上と求められる畜産物の提供が可能になる。、目的:県内消費者の畜産物に関するニーズの収集方法を検討する。畜産物の消費者ニーズを把握するための各種マーケティング調査手法を検討する。、最終目標・成果:県内消費者の畜産物に関するニーズの収集方法の確立。畜産物ニーズ把握のための各種マーケティング調査手法による情報の整理、分析方法の確立。分析結果の生産技術へのフィードバックシステムの構築。
研究分担経営流通
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157027
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat