畜舎汚水処理における環境負荷物質の排出低減技術の開発

畜舎汚水処理における環境負荷物質の排出低減技術の開発

県名神奈川県
研究機関名神奈川県畜産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜21
年度2009
概要背景:畜舎汚水による環境負荷物質の低減を図るため、浄化処理効率の向上が求められている。、目的:家畜用浄化槽の浄化効率向上のために、投入前畜舎汚水中のリンを資源として回収する技術の開発。通常の浄化処理が困難な乳牛用パーラー排水の処理に適した技術を開発。活性汚泥を用いた改良型汚水処理システムを構築するするとともに普及可能な浄化技術を確立する。、最終目標・成果:畜舎汚水からのリン資源回収技術の確立。パーラー排水の処理技術の開発。活性汚泥を用いた改良型汚水処理システムの構築。 
研究分担畜産環境
予算区分受託、(民間)
業績(1)塩ビ管で作成した簡易型MAP反応槽による豚舎汚水中のリン回収技術
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157031
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat