系統豚(カナガワヨーク)を利用した高品質豚肉生産技術の確立

系統豚(カナガワヨーク)を利用した高品質豚肉生産技術の確立

県名神奈川県
研究機関名神奈川県畜産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H4〜22
年度2009
概要背景:県内生産者の生産性向上を目指し、平成3年度に完成した大ヨークシャー種の系統豚造成「カナガワヨーク」は造成時の遺伝能力を保持しながら維持されているが、県内生産者からより大柄で強健性に富む大ヨークシャーに対するニーズがある。、目的:遺伝的構成を変化させずに閉鎖群内で維持する方法を検討する。血縁係数、近交係数、遺伝的寄与率変動係数の上昇を抑制して、近交退化の発現を回避する。カナガワヨークと民間等の優良種豚の交雑雌豚を生産し、繁殖能力、発育、体型、強健性、産肉性について試験し、優良な種豚を生産する。、最終目標・成果:系統の持つ高い能力や斉一性などの遺伝的特性を変化させることなく、長期間維持するとともに新たな組み合わせにより生産された豚の成績を優良種豚生産のデータとして生産者に還元する。
研究分担中小家畜
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157046
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat