渓畔林のモニタリングと再生技術の開発

渓畔林のモニタリングと再生技術の開発

県名神奈川県
研究機関名神奈川県自然環境保全センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜
年度2009
概要渓流沿いに成立する渓畔林は、斜面の森林と比較して面積が狭いにもかかわらず、多くの機能を有している。このような渓畔林の生態系機能に着目して、平成19年度から渓畔林整備事業が開始される。しかし、渓畔林整備の技術は確立されておらず、既存技術を適用・改良していくことが現実的である。このため、 渓畔林整備技術を開発するとともに、渓畔林の機能向上を評価するモニタリング手法を開発する。
研究分担研究連携課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157121
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat