花きの高品質安定及び省エネ・低コスト栽培技術の開発

花きの高品質安定及び省エネ・低コスト栽培技術の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所園芸研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜30
年度2009
概要目的:花きは国内外の競争の激化、燃油の高騰、景気の低迷による消費の減退などから所得の低下や産地体質の弱体化が進行している。気象変動に伴う生育障害の発生が増加する一方、稲作経営体への新規導入が望まれて久しい。、花き産地の体質強化に向けて、有望品種の選定、新栽培システムの開発、生理障害の回避技術と並行して省エネ・低コスト栽培技術を開発する。、内容:(1)有望品種・品目の選定、 (2)高品質安定生産、 (3)チューリップ切り花の変温管理技術、 (4)草花類の養液栽培システムの開発、 (5)ユリ切り花の高温障害回避技術、期待される成果:花栽培農家の所得向上、得られた成果:(1)ユリ、チューリップの特性把握、(2)チューリップ養液栽培の適性濃度はEC0.7、(3)ユリの高温障害を明らかにした。、残された問題点:継続検討
研究分担育種栽培科、環境・施設科、
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157181
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat