県産果実「桃、おけさ柿」などの高品位加工品の開発

県産果実「桃、おけさ柿」などの高品位加工品の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所園芸研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜23
年度2009
概要目的:本県の「桃、おけさ柿」などの特産果実のブランド力は米や米製品に 比較して小さく、全国的な知名度が低い。また、果実は季節限定として流通するのが一般的であるが、通年販売可能な新規果実加工品を開発し、ブランド化の促進と産地及び食品産業の活性化を図る。、内容:加工用品種の選定と収穫技術の確立、期待される成果:加工に適した果実の栽培技術開発、得られた成果:(1)モモの加工原料は7月上旬から9月中旬に供給可能、(2)遅い品種ほど大きく、Brixは天候に左右される。、残された問題点:継続検討
研究分担育種栽培科
予算区分県単(三県共同)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157185
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat