関東・中部の中山間地域を活性化する特用林産物の生産技術の開発

関東・中部の中山間地域を活性化する特用林産物の生産技術の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H18-22
年度2009
概要目的:里山の林床等を活用して新たな自然活用型・資源循環型栽培技術の開発により、消費地である首都圏等を対象に、大規模生産体系では実現できない中小規模生産者の複合経営による「自然味」に溢れた山菜等の特用林産物の生産を行うことを目的とし、「林床等野外を活用した長期に渡り多品目を安定的に生産する技術の開発」と「安全・安心な害虫防除技術の開発」を行う。、成果:ウワバミソウ、コシアブラ、タマブキ、ヤマブキショウマについて、栽培調査を行った。タラノキとウドは、優良品種を用いてもスギ林床栽培は不可。コシアブラの収穫調査では、遮光のない畑で最も多く、スギ林床は最も少ない。、
研究分担きのこ・特産課
予算区分受託、((独)森林総合研究所)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157302
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat