県産材ハイブリッド合板の開発

県産材ハイブリッド合板の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H21-23
年度2009
概要目的:住宅部材等(特にフローリング等の高付加価値製品)として利用するスギ・広葉樹複合合板やLVLを開発する。、成果:ナラ、ホオ、スギの組合せによる3層合板を5種類試験製作した。この合板を用いて、組合せごとの接着強さ試験、ホルムアルデヒド放散量試験、VOC放散量試験をおこなった。ナラおよびホオを表、裏板にして芯板をスギとした5層厚さ12ミリの合板(構造用合板相当)を工場で試作し、切削性および原木から合板にする際の歩止まりを調査した。また、試作した合板のヤング率を計測した。 、
研究分担森林・林業技術課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157303
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat