発生予察に基づいた水稲の省農薬防除技術の開発

発生予察に基づいた水稲の省農薬防除技術の開発

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜23
年度2009
概要1.目 的、 稲作における現行の病害虫防除は、農薬散布が予防的、画一的に行われ、過剰防除に陥りやすい傾向にある。肥料など生産資材費の高騰、消費者の減農薬志向、環境に対する関心の高まりを背景に、農薬使用の低減が求められている。このため、要防除水準を活用して発生予察に基づいた病害虫防除体系を現地実証するとともに、慣行防除体系との比較によりコスト削減効果を検証する。また、前年の水稲初期害虫や紋枯病の発生密度に基づいた苗箱施薬の削減、ケイ酸などの資材を活用した病害虫被害の抑制など省農薬防除技術を開発する。これらにより、環境と調和のとれた富山型低コスト病害虫防除体系の確立を図る。、2.成果、 苗箱施薬剤の継続的効果が明らかになり、省農薬防除技術が実証される。
研究分担農業研究所、病理昆虫課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157334
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat