アミロース含量の異なる有色素コシヒカリの育成

アミロース含量の異なる有色素コシヒカリの育成

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H22〜26
年度2009
概要1.目的、 「コシヒカリ」を遺伝背景として育成した良食味赤米品種「富山赤71号」および黒米品種「富山黒75号」に、アミロース含量の異なる品種あるいは系統を交配し、粘りの異なる品種を開発する。、2.成果、 良食味品種の赤米および黒米に低アミロース化、高アミロース化を付与することによって、独自の用途や特長をもった高機能性イネ品種を開発することができる。
研究分担農業研究所、農業バイオセンター、育種課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157336
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat