1 県産材等の需要拡大を図る技術開発、(1)エコ住宅用の高耐久木製外装材の開発

1 県産材等の需要拡大を図る技術開発、(1)エコ住宅用の高耐久木製外装材の開発

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜21
年度2009
概要目的:地元材と自然塗料(環境負荷が小さい長寿命塗料)を組合せ高耐久性塗装外装材を開発する。WPCについて外装材との適性を検討する。、成果:屋外暴露試験結果から、下塗り材として酸化銅に耐カビ汚染性があり柿渋塗装寿命を延ばす効果が認められた。WPCについては酸性雨対策が必要なことが分かった。
研究分担木材研究所
予算区分受託、(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157406
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat