1) 広域発生源管理技術の確立、(2) 広域雑草管理による斑点米カメムシ類、防除技術の確立

1) 広域発生源管理技術の確立、(2) 広域雑草管理による斑点米カメムシ類、防除技術の確立

県名石川県
研究機関名石川県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜22
年度2009
概要目的:広域一斉除草による斑点米カメムシ類密度と斑点米の抑制効果について検証する。、成果:広域一斉除草区は対照区に比べて畦畔および本田の斑点米カメムシ類の密度が低かった。また広域一斉除草区の斑点米混入率は落等の基準となる0.1%を下回った。以上より、広域一斉除草を行うことで斑点米カメムシ類の密度を抑制し、斑点米の被害を抑制することが可能であると考えられた。
研究分担生物資源G
予算区分国補
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157527
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat