1) 広域発生源管理技術の確立、(3)長期持続型育苗箱処理剤による斑点米、カメムシ類の防除

1) 広域発生源管理技術の確立、(3)長期持続型育苗箱処理剤による斑点米、カメムシ類の防除

県名石川県
研究機関名石川県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜22
年度2009
概要目的:ネオニコチノイド系の長期持続型育苗箱処理剤が斑点米の発生防止に及ぼす影響を検討し、本県における実用性を明らかにする。、成果:斑点米カメムシ類は、いずれの試験区でも確認され、顕著な密度抑制効果は認められなかった。斑点米混入率は、箱処理+本田防除で有意に低く認められ、箱処理だけでは無処理と比較して低い傾向が認められたが差はわずかであった。
研究分担生物資源G
予算区分国補
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157528
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat