11 農業生産環境の保全管理技術、1) 作物の栄養生理障害に対する原因究明、と対策、

11 農業生産環境の保全管理技術、1) 作物の栄養生理障害に対する原因究明、と対策、

県名石川県
研究機関名石川県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H5〜
年度2009
概要目的:農業生産の場では、作土の富栄養化や生育阻害物質の介在、物理性の悪化等環境の変化で、生理障害の発生、生産性や品質の低下を来たしている。そこで、これら土壌肥料的諸問題を抽出し対策を図る。、成果:1.基盤整備後の水田について土壌分析診断を実施し、必要とする石灰質及びリン酸質資材の施用量を提示した。2.ナシに認められた生理障害について、マンガン欠乏であると診断し、微量要素資材の施用を提示した。3.キュウリの生理障害発生土壌について、土壌塩基バランスの矯正のため加里肥料の減量と苦土質資材の施用を提示した。
研究分担流通加工G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157558
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat