ウ クラフト紙果実袋の被袋によ、る着色抑制効果 

ウ クラフト紙果実袋の被袋によ、る着色抑制効果 

県名石川県
研究機関名石川県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21
年度2009
概要目的:‘ルビーロマン’ の過着色を防止するため、クラフト紙製果実袋の被袋による着色抑制効果について検討する。、成果:満開80日後頃の白色袋から透明袋へのかけ替え時期に、クラフト紙製果実袋を被袋することで、果実品質に大きな影響を与えることなく、着色の進行を若干抑えることができた。ただし、クラフト紙製果実袋で遮光しても、袋内で果実の着色は進行した。
研究分担砂丘地農業試験場
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157630
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat