自給飼料の効率的な給与に基づく優良後継牛生産のための育成管理技術の開発(旧題:乳用牛の育成後期における飼料給与技術の開発)

自給飼料の効率的な給与に基づく優良後継牛生産のための育成管理技術の開発(旧題:乳用牛の育成後期における飼料給与技術の開発)

県名石川県
研究機関名石川県畜産総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間止、H18〜21
年度2009
概要目的:地域自給粗飼料の効率的な給与により、初産分娩月齢の早期化と安定した乳生産を両立できる飼養管理技術の開発、計画:6県による、、(1)地域自給粗飼料を活用した初産分娩月齢早期化のための育成管理技術の開発(H18〜20)、(2)地域自給粗飼料を活用した育成前期牛の発育促進のための適正な管理技術の開発(H19〜22)、(3)乳用哺育牛の消化管機能向上が粗飼料摂取量および発育に及ぼす影響の解明(H21〜22)、(4)地域自給粗飼料の効率的利用による初産分娩月齢早期化のための管理マニュアルの作成(H22)、得られた成果:(1)自給飼料を多給しても十分な増体、早期の分娩が可能である。(2)後継牛1頭の育成に約1トンの自給飼料が有効活用され、濃厚飼料の給与量を減らすことができる。、成果の受け渡し先:県内酪農家
研究分担資源安全部
予算区分受託、(独立行政法人、農業・食品産業技術総合研究機構)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157649
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat