有機物施用土壌の適正な養分管理技術、、(2)有機物からの養分供給量の解明、 1)堆肥の窒素・りん酸・加里の肥、 効調査(畑地)、、、、、、 2)堆肥の窒素・リン酸・加里の肥、 効調査(水田)、、 、、、、 3)堆肥連用(4年)による窒素肥効、調査、、、、、、、、、

有機物施用土壌の適正な養分管理技術、、(2)有機物からの養分供給量の解明、 1)堆肥の窒素・りん酸・加里の肥、 効調査(畑地)、、、、、、 2)堆肥の窒素・リン酸・加里の肥、 効調査(水田)、、 、、、、 3)堆肥連用(4年)による窒素肥効、調査、、、、、、、、、

県名山梨県
研究機関名山梨県総合農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜22 、
年度2009
概要、、 、 各種有機物のりん酸の肥効は、動物性有機物が植物性有機物より高いことが分かった。植物性有機物のりん酸は、施用した作にはほとんど肥効を示さないが、次作以降徐々に可溶化してくることが推察された。、、 牛ふんもみがら堆肥を春に1t/10a施用すると、成熟期の桿長は長く、m2あたりの穂数は増加した。玄米収量は堆肥と基肥窒素を施用すると慣行区よりやや増収し、基肥窒素を施用しないと約20%減収した。、、 牛ふんもみがら堆肥0.5t/10aを4年間秋に施用すると、基肥窒素施用量を2kg/10a減らしても慣行と同収だった。2t/10a施用区は慣行区より倒伏程度、玄米タンパク含有率が高く、10〜25%程度増収したが、土壌養分のアンバランス化が認められた。、、 、、、、
研究分担環境保全科、、作物特作科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157786
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat