3,着色促進方法の検討

3,着色促進方法の検討

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継(H19)〜(H23)、
年度2009
概要ア 基葉摘葉処理による着色向上方法の検討、 果実上部の摘葉処理が着色程度及び果実品質に及ぼす影響を調査した。「ピオーネ」では、着色向上の効果はみられなかったが、「サニールージュ」「サニードルチェ」で大幅にアントシアニン含量が増加した。また、シアニジン色素が増加する傾向があるので、果皮色の鮮やかさが増すと考えられる。摘葉処理によって糖度などの果実品質には影響は見られなかったが、「サニールージュ」で一部、日焼けの発生がみられた。、イ 灌水を利用した園地冷却方法の検討、 スプリンクラーによる散水と送風を組み合わせた棚面の降温効果について検討したが、十分な効果は得られなかった。スプリンクラーを利用した気温低下は困難であり、今後は樹体を冷却する方法を中心に検討したい。
研究分担生食ブドウ栽培科、
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157835
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat