(3)オウトウショウジョウバエに対する薬剤の効果 

(3)オウトウショウジョウバエに対する薬剤の効果 

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継(S54)〜、継(S54)〜
年度2009
概要 ディアナWDG、合成ピレスロイド剤の果実への接触による殺虫効果および残効を調査した。合成ピレスロイド剤は、散布後日数にかかわらず効果は低かった。ディアナWDGは散布14日後でも効果が高かった。合成ピレスロイド剤とディアナWDGの防除体系は慣行区と同等の効果を示し、実用性があると考えられた。
研究分担病害虫科
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157862
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat