有機質資材利用による施肥支援システムの検証、1.各種有機質資材の分解特性タイプ分けの確立

有機質資材利用による施肥支援システムの検証、1.各種有機質資材の分解特性タイプ分けの確立

県名長野県
研究機関名長野県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H19〜21
年度2009
概要目的:有機質資材の窒素源としての肥効を評価するため、室内培養試験と無機態窒素分析を行う。また、分析時間を短縮するため、塩酸抽出等による簡易分析による窒素による肥効を推定する。、成果:県内流通堆肥3点についてビン培養試験と無機態窒素分析を実施した。ビン培養では有機化が顕著に見られ、培養後の窒素量が低かったため、未粉砕の試料で培養を実施し、おおむね塩酸抽出窒素量と相関が得られる培養窒素量が得られた。ほ場埋設試験は未粉砕試料で継続実施中。1規定または0.5規定塩酸抽出法は、ビン培養法と比べて簡易に実施でき、窒素肥効の推定にも利用できることが明らかとなった。
研究分担環境部、、企画経営部、
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030157994
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat