普通作物の病害虫に関する素材開発研究、2.水田環境保全のための総合病害虫管理技術、(1)いもち病の感染予測を利用した農薬使用量削減技術の確立

普通作物の病害虫に関する素材開発研究、2.水田環境保全のための総合病害虫管理技術、(1)いもち病の感染予測を利用した農薬使用量削減技術の確立

県名長野県
研究機関名長野県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜27
年度2009
概要目的:圃場におけるいもち病発生量と発生予察支援装置・クロップナビによる予測結果を利用した効率的な防除法を検討する。、成果:本田粒剤の防除時期を検討したところ、出穂期付近の処理で穂いもちに対する効果が認められた。、、
研究分担環境部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030158002
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat