発生予察技術確立事業、2.地域発生予測の改良及び実証、(2)フタオビコヤガのフェロモントラップによる発生予察技術の確立、

発生予察技術確立事業、2.地域発生予測の改良及び実証、(2)フタオビコヤガのフェロモントラップによる発生予察技術の確立、

県名長野県
研究機関名長野県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H24
年度2009
概要目的:最近開発されたフタオビコヤガ用合成性フェロモン製剤を用いた本種の発生予察技術を確立する。、成果:フタオビコヤガの誘殺に適するトラップの種類、トラップの設置高等を明らにした。、
研究分担環境部
予算区分国庫補助(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030158014
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat