野菜の栽培に関する素材開発研究、4.野菜類の機械化省力化試験

野菜の栽培に関する素材開発研究、4.野菜類の機械化省力化試験

県名長野県
研究機関名長野県野菜花き試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜27
年度2009
概要目的:減肥栽培が可能な局所施肥法の実用化に向け、速度連動式繰出し機能、ノズルの詰まり感知機能など高機能施肥機の開発を行う。また、セルリー栽培において畝内施肥に対応した歩行型施肥畝立て機の実用性を検証する。、結果:パルス型速度連動制御装置においてアナログコントローラとデジタルコントローラの協調により精度の高い施肥が可能になったが、レタス栽培試験では全面全層施肥と比べて揃いの向上は判然としなかった。、 肥料の繰り出し機構を改良した小型乗用管理機を用いて2ヵ所の現地試験を行った。肥料の繰り出し精度が高く、設定した施肥量で減肥が可能となった。、
研究分担野菜部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030158062
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat