畑作物の品種育成に関する素材開発研究、2.第1次トマト、台木用ピーマン、セルリー等の育種、(1)ジュース用トマト品種の育成、(2)台木用ピーマン品種の栽培特性の解明、(3)セルリー品種の育成、、

畑作物の品種育成に関する素材開発研究、2.第1次トマト、台木用ピーマン、セルリー等の育種、(1)ジュース用トマト品種の育成、(2)台木用ピーマン品種の栽培特性の解明、(3)セルリー品種の育成、、

県名長野県
研究機関名長野県野菜花き試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜25
年度2009
概要目的:早生性、開張性草姿、単為結果性、耐湿性及び病害虫抵抗性等を付与した加工用トマト品種を育成する。、雄性不稔を利用した複合病害抵抗性の台木用ピ−マン品種を育成し、その栽培特性を解明する。、萎黄病等の主要病害に耐病性を有するセルリ−品種の育成を行う。 、、結果:早生性、開張性、果実品質の優れる22系統を選抜した。「Special」を穂木として、F1系統「試交0601」の適応性を検討し、PMMoV、疫病抵抗性を有し、「ベルマサリ」と同等の収量性が認められた。F4世代12系統について萎黄病抵抗性を検定し、7系統を選抜した。、 
研究分担畑作育種部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030158099
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat