レタスF1育種法の改良による加工専用F1品種の育成

レタスF1育種法の改良による加工専用F1品種の育成

県名長野県
研究機関名長野県野菜花き試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H17〜21
年度2009
概要目的:雄性不稔DNAマーカーや人為交配による採種技術を開発するとともに、肉厚で多収、良食味の加工専用F1品種を育成する。、、結果:雄性不稔遺伝子に近接連鎖するSCARマーカーを4個開発し、それらのマーカーを組み合わせて使うことで、雄性不稔株を99.6%の確率で選抜できた。交配用媒花昆虫のヒロズキンバエの投入量増加と、ヒツジキンバエの同時投入で採種効率20%、採種コスト3円以下/粒を達成した。また、濃緑で大型の加工専用非結球レタスF1組合せ系統「長・野交47号」を育成した。、
研究分担育種部
予算区分受託、(農林水産省)
業績(1)トルコギキョウのウイルス抵抗性育種に関する研究(第4報) Tomato bushy stunt virus(TBSV)に対する系統・品種の抵抗性評価
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030158114
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat