肉用牛に関する素材開発研究、1.肉用牛の哺育に関する試験

肉用牛に関する素材開発研究、1.肉用牛の哺育に関する試験

県名長野県
研究機関名長野県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2009
概要目的:増体能力に優れた肉用子牛に適した、哺乳期の骨格の発達を図り、かつ下痢等の疾病を生じさせにくい哺育体系を確立する。、成果:強化哺乳区4頭、制限哺乳区3頭の試験を開始し、強化哺乳区1頭および制限哺乳区3頭を離乳した。強化哺乳区の代用乳摂取は良好で体尺値も大きかったが、1例のみの成績である。制限哺乳区は、個体によるスターターの摂取開始時期や摂取量にバラつきが大きく、摂取量が多く生時体重の重い個体ほど体尺値が大きい傾向にあった。、
研究分担酪農肉用牛部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030158141
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat