森林の洪水防止機能と施業効果に関する研究(森林と水プロジェクト)

森林の洪水防止機能と施業効果に関する研究(森林と水プロジェクト)

県名長野県
研究機関名長野県林業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H17-21
年度2009
概要 近年、森林の持つ公益的機能には社会的期待が高まっている。しかし、流域毎に異なる森林環境の諸条件を加味して公益的機能を評価することは困難である。、 本課題では森林の公益的機能のうち洪水防止機能の定量化に?げるため、「長野県森林と水プロジェクト」にともなって実施している、薄川及び砥川流域での流量及び雨量観測データを整理蓄積し、流出解析を行う。また、「森林と水プロジェクト第一次報告」で示された「壊れにくい森林」の造成に向けた森林管理手法について検討し、森林が持つ洪水防止機能を維持・増進させる森林管理手法を確立する。
研究分担育林部
予算区分都道府県単
業績(1)2006年長野県岡谷市で発生した土砂災害
(2)2006年長野県岡谷市で発生した豪雨災害の発生機構について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030158225
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat