森林吸収源インベントリ情報整備事業

森林吸収源インベントリ情報整備事業

県名長野県
研究機関名長野県林業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19-22
年度2009
概要 京都議定書など地球温暖化防止のための国際条約に対応するには、吸収源としての森林データを正確に把握し、検証可能な透明性を有した形で提示する必要がある。そのために、全国規模で統一された方法で森林土壌に蓄積された炭素量の推移や、二酸化炭素以外の温暖化ガス吸排出量を把握し、インベントリ(目録)を構築している。、 本課題では、土壌炭素量の調査(土壌型調査及び土壌炭素量測定用試料の採取等)と、森林からのメタン・亜酸化窒素ガス吸排出量の測定を行い、森林吸収源インベントリへ情報提供を行う。
研究分担育林部
予算区分受託、(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030158227
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat