安全・安心な乾燥材生産技術の開発

安全・安心な乾燥材生産技術の開発

県名長野県
研究機関名長野県林業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H21-23
年度2009
概要 近年、高温乾燥技術の普及により、間伐材から得られる心持ち柱材に対して、表面割れを少なく乾燥出来るようになった。しかし、樹種や処理条件によっては内部割れが発生するため、木材を扱う業界等から強度に対する不安の声が挙がっている。そこで、本研究では、内部割れに対する不安を解消し、強度的に安全な乾燥材の生産技術を開発する。中核機関は、石川県林業試験であり、当センターはアカマツ材及びカラマツ材を担当し、(1)内部割れの少ない乾燥技術の開発、(2)内部割れと強度・接合性能の関係解明、(3)安全・安心な乾燥材の生産・利用マニュアルの作成を行なう。
研究分担木材部
予算区分受託、(独立行政法人)
業績(1)CTスキャンによる木材観察の可能性
(2)CTスキャンによる木材観察の可能性
(3)病院のX線CTスキャナで木材の内部を観察
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030158260
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat