地域バイオマス利用によるきのこの増殖と森林空間の活性化技術の開発

地域バイオマス利用によるきのこの増殖と森林空間の活性化技術の開発

県名長野県
研究機関名長野県林業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H22-26
年度2009
概要 腐生性きのこと菌根性きのこの両者の機能の高度発揮と地域木質バイオマスの利用によりカラマツ等の森林の活性化と森林空間を有効に活用したきのこの栽培と増殖を実現する。波及効果は、森林所有者の森林整備への意欲の向上、自然味に溢れたきのこ生産による山村の活性化、健全な森林造成による森林機能の高度発揮
研究分担特産部
予算区分国受託
業績(1)里山を活用したきのこの栽培及び増殖技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030158269
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat