省資源型農業のための有機資材とその利用技術の開発

省資源型農業のための有機資材とその利用技術の開発

県名岐阜県
研究機関名岐阜県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜25
年度2009
概要目的:家畜ふん堆肥等を用いた肥料的価値の高い資材開発とその有効利用技術の開発を行う。 計画:(1)家畜ふん堆肥中リン酸の存在形態の把握、(2)同左の肥効解析、(3)高窒素、高リン酸豚ふん堆肥の開発 成果:家畜ふん堆肥のリン酸の存在形態を測定する方法について検討した。試作した高窒素豚ぷん堆肥ペレットにより水稲の基肥代換えが可能であった。
研究分担環境部
予算区分受託(農林水産省)
業績(1)家畜ふん堆肥の種類に応じた窒素肥効評価法(第9報)窒素肥効評価法の地温考慮による高精度化
(2)畜産廃棄物を利用した肥培管理
(3)有機物の分解特性に基づく牛糞堆肥、豚ふん堆肥の新しい窒素肥効評価法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030158290
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat