渓流資源増大技術開発事業

渓流資源増大技術開発事業

県名岐阜県
研究機関名岐阜県河川環境研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜22
年度2009
概要目的:渓流魚の原種の活用技術を開発し、健全な内水面生態系の技術開発等を推進する。 計画:アマゴの在来雄親魚と養殖雌親魚の交雑種苗(半天然魚)を作出し、養殖特性と河川に放流された場合の行動特性及び漁獲特性を明らかにし、導入の可能性について検討する。 結果:半天然魚は養殖継代魚より河川での定着性は高かった。また、養殖特性はほぼ同等と考えられた。
研究分担下呂支所
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)アマゴの成魚放流における放流日およびスモルト・パーの違いが釣獲効率に与える影響
(2)成魚放流されたヤマメの釣獲特性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030158365
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat