鶏の生理特性に応じた産卵調整技術

鶏の生理特性に応じた産卵調整技術

県名静岡県
研究機関名静岡県畜産技術研究所中小家畜研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H19〜21
年度2009
概要目的:従来の強制換羽のような鶏へのダメージ抑え、安全・安心な鶏卵を長期間生産する技術を確立する。、成果:低栄養飼料の給与や卵殻質改善資材の給与による卵殻質改善効果が得られた。また、卵殻質改善資材であるフィッシュカルシウムの給与がカキガラ給与の効果より有効であった。
研究分担養鶏研究スタッフ
予算区分県単
業績(1)産卵後期における低栄養飼料給与による卵質改善対策
(2)強制換羽処理は生産コストの低減となるか?
(3)産卵後期におけるフィッシュカルシウム(Fca)の飼料添加による卵殻強度改善対策
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030158590
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat