低、未利用資源の飼料添加による多目的利用技術の開発

低、未利用資源の飼料添加による多目的利用技術の開発

県名静岡県
研究機関名静岡県畜産技術研究所中小家畜研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜23
年度2009
概要目的:低・未利用資源を鶏用飼料として活用することにより飼料費を抑えつつ、さらにこれら資源の持つ機能性により安全・安心かつ付加価値の高い畜産物を生産する技術を開発する。、平成21年度は、抗菌性を有するワサビ茎葉を利用し、肉用鶏用市販配合飼料中に含まれる抗菌性物質の代替利用について検討を行った。、成果:ワサビの嗜好性は良好であった。飼育成績は抗菌区が最も優れたが、生ワサビ区、乾燥ワサビ区とも対照区と比較して優れる傾向にあった。、 解体成績では生ワサビ区でもも肉割合が減少した。また、ワサビ給与の両区において、抗菌区と比較して腹腔内脂肪が有意に減少した。、 経済性では抗菌区が最も優れ、次いで生ワサビ区、乾燥ワサビ区、対照区の順となった。
研究分担養鶏研究スタッフ
予算区分県単
業績(1)未利用資源を鶏飼料として利用
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030158594
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat