冷水魚増養殖技術試験

冷水魚増養殖技術試験

県名愛知県
研究機関名愛知県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H11〜
年度2009
概要[目的]山間地域における養殖経営の安定を目的とし,従来品種のマス類に加えて,新品種「絹姫サーモン」の魚病対策等の養殖技術の開発を行う。[結果]ニジアマ仔稚魚の飼育施設において,濾過槽内の水質の管理,及び池底掃除などの飼育池管理を指導した。その結果,ニジアマ初期の歩留まりを48%程度であった。飼育水管理,底掃除を徹底すれば歩留まりの向上が期待できる。ニジアマに対する塩酸オキシテトラサイクリン(OTC)による脊椎異常発生の影響を調査したところ,OTC投与によって脊椎異常発生は誘発されないと考えられたが,ニジアマの生産性を低下させる可能性が示唆された。民間養魚場で冷水病によるへい死魚を調査し,冷水病による脊椎異常の起因性を調査した結果,今回の調査では冷水病が起因した奇形の発生は認められなかった。[問題点]三倍体では、骨形成異常が起こりやすいとの報告もあり、生産現場で行われている大型魚生産の飼育管理を見直す必要がある。
研究分担冷水魚養殖グループ
予算区分県単
業績(1)ニジアマ稚魚生残率向上試験
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030158857
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat