藻場造成新技術実証事業

藻場造成新技術実証事業

県名愛知県
研究機関名愛知県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H19-
年度2009
概要[目的]サガラメ等の藻場の生物保育機能、餌料供給機能、水質浄化機能及び二酸化炭素吸収機能を把握する。[結果]食性環境調査としてカジメ藻場の水温、光量子量を連続観測した。カジメ藻場およびその周辺において刺し網による漁獲試験を実施した結果、藻場内では5種44個体、周辺では6種13個体の魚介類が漁獲された。小型定置網調査では7〜15種の魚類がみられた。水質浄化機能及び二酸化炭素吸収機能については、カジメ及びトゲモクともに毎月の生産量、窒素及び炭素の吸収量を合計して年間の吸収量を求めた結果、カジメの窒素及び炭素の吸収量は0.021kgN/m2y及び0.298kgC/m2yであった。トゲモクの窒素及び炭素の吸収量は0.037kgN/m2y及び0.636kgC/m2yであった。トゲモクの移植試験では、移植場所で成長する様子が観察された。
研究分担栽培漁業グループ
予算区分単県
業績(1)藻場造成新技術実証事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030158863
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat