スギ梁桁材の効率的乾燥技術に関する研究

スギ梁桁材の効率的乾燥技術に関する研究

県名三重県
研究機関名三重県林業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間H20〜H22
年度2009
概要目的:人工林の長伐期化に伴い、生産される中・大径材を梁桁材として利用するため、県内でのスギ梁桁材の流通実態を調査し、住宅メーカーやプレカット工場などが求める含水率、割れの許容範囲、寸法精度などを明らかにします。また、実大材の乾燥試験を実施し、損傷無く効率的な乾燥方法の検索を行います。成果:高温低湿処理と中温乾燥、高温低湿処理と天然乾燥を組み合わせることによって、表面割れと内部割れの少ない乾燥材の生産が可能となった。しかし、高含水率材などを水分傾斜を少なく乾燥できる技術の開発が必要である。
研究分担林産研究課
予算区分国補補助(林野庁)
業績(1)三重県における梁桁材の流通状況について〜木材加工業者と住宅建築業者へのアンケート調査から〜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030158971
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat