イセエビ種苗の効率的安定生産に関する研究

イセエビ種苗の効率的安定生産に関する研究

県名三重県
研究機関名三重県水産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜22
年度2009
概要【目的】イセエビ幼生飼育による種苗(稚エビ)の大量生産技術を確立する。 【成果の概要】クライゼル水槽の導入により、変態成功率と、初期幼生の生残率の向上が認められた。イセエビ幼生は遊離塩素に一定の耐性があり、遊離塩素を利用することで細菌性疾病を予防できる可能性があることを明らかにした。
研究分担水産資源育成研究課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030158985
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat