飼料イネ高度利用による「近江牛」の生産性と肉質の検討

飼料イネ高度利用による「近江牛」の生産性と肉質の検討

県名滋賀県
研究機関名滋賀県畜産技術振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間H19〜H21
年度2009
概要目的:本県特産「近江牛」の高品質化、生産コストの低減および消費者ニーズにあった食味性の高い牛肉生産技術の確立を図る。 、成果:飼料イネWCSを肥育前期と後期に給与したところ、肥育前期のみに給与した対照区に対し、発育・飼料摂取量および枝肉格付値に差は見られなかった。
研究分担近江牛生産技術担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159066
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat