葉根菜類を中心とする有機栽培技術体系の確立

葉根菜類を中心とする有機栽培技術体系の確立

県名京都府
研究機関名京都府農林水産技術センター農林センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜23
年度2009
概要目的:有機農業技術体系の確立が求められており、既存技術を検証して、技術の改善・補完を行い、有機農業に係る技術マニュアル作成の資料とする。また、土壌のメタゲノム情報に基づいた簡易で迅速な線虫診断法を活用し、有機質資材による線虫抑制効果と併用することで、土壌消毒剤を用いない線虫防除技術を確立する。、<研究内容>、施設軟弱野菜の周年栽培において、有機質肥料として魚かすまたは菜種油かすを施用すると、土壌のpHが高く、EC・硝酸態窒素は低く適正に推移する傾向にあり、収量は同等以上で、内質(糖度と硝酸)に及ぼす影響はわずかであった。 露地の春ダイコンでは菜種油かすの施用で肥大が良好となったが、秋ダイコンでは肥大が不十分であった。内質では硝酸が少なくなった。、線虫診断法では、対象線虫であるサツマイモネコブセンチュウの発生が極小で、ダイコン被害との関係は不明であった。また、有機質資材として、エンバク(品種:たちいぶき)にサツマイモネコブセンチュウ抑制効果を確認した。
研究分担環境部
予算区分受託(国)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159165
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat