品種に関する調査

品種に関する調査

県名京都府
研究機関名京都府農林水産技術センター農林センター
課題種別試験研究課題
研究期間継 H12〜
年度2009
概要目的:京都府の作出した、新品種の普及のため、品種の特徴を活かす栽培、製造技術を確立する。、計画: 慣行として前回剪枝位置から5cm上で剪枝した区(5cm区)、10cm上で剪枝した区(10cm区)及び2年目に無剪枝とした区(無剪枝区)を比較する。‘鳳春’は芽数型の傾向があり、芽重の確保と生育の維持に、また、‘展茗’は芽数が少なくなりやすい品種であり、芽数の確保に着眼する。、成果:鳳春では10cm区は初期に株間の母茎数が多く、株張りが大きく、実収が多いことから早期成園化の利点があると考えられた。、展茗では、10cm区は株張り及び摘採面積が大きく、単位収量が多かった。
研究分担宇治茶部
予算区分府単
業績(1)京都府育成品種'鳳春'と'展茗'の栽培特性 幼木期のせん枝の高さが収量構成要素に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159186
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat